二種免許 取得 学科 費用は

二種免許 取得 学科 費用は

二種免許は、普通二種免許、中型二種免許、大型二種免許に分かれます。

 

普通二種免許は、主にタクシーやハイヤーの運転するのに必要とされます。

 

中型、大型二種免許は、バスを運転するのに必要とされる免許証です。

 

 

 

学科は、普通、中型、大型二種免許とも共通で一回二種免許の学科に合格すると、免除されます。

 

各免許取得する方法は、教習所に通って取得するか、運転試験場(一発試験)に行って取得する方法の二種類になります。

 

 

 

免許取得条件

年齢 21歳以上

 

普通・中型・大型免許又は大型特殊免許のいずれかを取得して3年以上の方。

 

免許の停止を受けたことのある方は、その期間を除きます。

 

視力 両眼で0.8以上、片眼で0.5以上。深視力2.5メートルの距離で、平均誤差2センチ以内。
(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)

 

聴力 補聴器を使用しないで10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聴き取れる方。

 

色別 赤、青、黄の色の識別が、はっきりできる方。

 

 

 

 

 

学科時間 各二種免許共通

19時間

 

 

 

 

※普通二種免許にもATとMTがありますが、こちらではMTで説明していきます。

 

 

 

普通二種免許 教習所

規定の学科、実技教習を受けます。

 

2種免許証は、お客さんを乗せてお金を貰うわけですから、安全性や乗り心地は求められます。

 

 

安全確認、ブレーキ、カーブ、発進など、細かく教習されます。

 

 

 

 

しかし難しい事はなく、丁寧に運転すれば問題なく進んでいくと思います。
気楽に望んで下さいね。

 

 

2種免許の学科が難しいと言われますが、1種の学科試験と大きく違っているわけではありません。

 

何問か2種の問題は出ますが、後はそれほどの違いはありません。

 

しかし学科の合格率は30%そこそこ。

 

 

この数字は一般的に言われている数字で、

 

自分が受けた時の合格率も大体これくらいでした。

 

 

教習中にも効果測定という学科試験があります。

 

しっかり勉強しましょう。

 

 

 

 

費用 学科時間 実技時間

  学科教習時間  実技教習時間 費用
所持免許  MT普通一種 19時間         21時間 26万から30万位

所持免許  MT中型一種
          (8t限定)

19時間         18時間 23万から26万位

 

※教習所によって価格はかなり差があります。
 目安として見て下さい。

 

 

 

教習所を卒業すると、試験場にて視力検査、学科試験を受けます。

 

これを通過すると免許証交付となります。

 

 

 

 

学科試験 交付手数料
受験料1,750円 免許証交付料2,050円=3800円
がかかります。

 

 

追加料金なしの卒業まで完全保証

 

 

 

 

 

エイチームが運営するサイト。
:一部上場企業で個人情報保護はバッチリ!!

 

 

 

 

 

 

運転免許センター(試験場)の場合

運転免許センターで適性検査、学科試験を受け、合格すると技能試験を受ける事ができます。

 

技能試験で合格すると取得時講習と応急救護講習を受け免許証の交付となります。

 

時間、費用共にかなり少なくて済みます。

 

技能に自信のある方は、こちらの方がおすすめとなります。

 

しかし、技能試験は結構厳しいようです。

 

 

 

 

受験に必要な物
・運転免許申請書(試験場にあります)

 

・受験票
(試験場にあります)

 

・住民票1通
(発行後6ヶ月以内で本籍地 の記載のあるもの)

 

・顔写真
(撮影後6ヶ月以内でタテ30mmヨコ24mmのもの)

 

・印鑑
(認め印で可)

 

・筆記用具
(HB以上の鉛筆、ボールペン、消しゴム等)

 

・メガネやコンタクトレンズ
(視力矯正が必要な人の場合)

 

・免許証持参

 

 

 

 

 

取得までの流れ

 

 

試験場で適正検査を受ける
・視力両眼で0.8以上かつ片眼で0.5以上
 ※眼鏡・コンタクト可

 

・色彩識別信号色(赤・青・黄)の識別ができること。

 

・三桿法の奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が2センチメートル以下であること

 

 

 

 

 

本試験
9,700円(受験料4,600円 試験車使用料3,050円 免許証交付料2,050円)

 

 

 

試験場で適正検査を受ける

 

 

 

学科試験を受ける

 

 

 

技能試験を受ける

 

 

 

取得時教習を受ける
費用 27000円位(受講する場所で価格の違いがあるようです)

 

 

 

本免許証の発行手続き

 

 

 

 

運転免許センター(一発試験)で取得すると、価格、時間の節約になりますね。

 

自信のある方は挑戦して下さい。

 

ほとんどの試験場では、平日のみ試験になりますので、日程的に厳しい方もでてきます。

 

無理の無い取得方法をお選び下さい、

 

 

 

 

 

 

 

中型二種免許 教習所

規定の学科、実技教習を受けます。

 

 

2種免許証は、お客さんを乗せてお金を貰うわけですから、安全性や乗り心地は求められます。

 

安全確認、ブレーキ、カーブ、発進など、細かく教習されます。

 

 

しかし難しい事はなく、丁寧に運転すれば問題なく進んでいくと思います。

 

気楽に望んで下さいね。

 

 

2種免許の学科が難しいと言われますが、1種の学科試験と大きく違っているわけではありません。

 

何問か2種の問題は出ますが、後はそれほどの違いはありません。

 

しかし学科の合格率は30%そこそこ。

 

 

この数字は一般的に言われている数字で、

 

自分が受けた時の合格率も大体これくらいでした。

 

 

教習中にも効果測定という学科試験があります。

 

しっかり勉強しましょう。

 

 

中型とはいえ教習車はかなり大きいです。

 

以前、大型車で使っていた教習車(中型免許が出来る前)ですから当然です。

 

見てビックリしないようにして下さいね。

 

 

 

 

 

費用 学科時間 実技時間

  学科教習時間  実技教習時間 費用
所持免許  MT普通一種 19時間         28時間 39万から42万位

所持免許  MT中型一種
          (8t限定)

19時間         23時間 35万から38万位

 

※教習所によって価格はかなり差があります。
 目安として見て下さい。

 

 

 

教習所を卒業すると、試験場にて視力検査、学科試験を受けます。

 

これを通過すると免許証交付となります。

 

 

 

 

学科試験 交付手数料
受験料1,750円 免許証交付料2,050円=3800円
がかかります。

 

 

 

時間がまとまってとてる方は、ダンゼン合宿免許がお得ですよ!
追加料金なしの卒業まで完全保証

 

 

 

 

運転免許センター(試験場)の場合

運転免許センターで適性検査、学科試験を受け、合格すると技能試験を受ける事ができます。

 

技能試験で合格すると取得時講習と応急救護講習を受け免許証の交付となります。

 

時間、費用共にかなり少なくて済みます。

 

技能に自信のある方は、こちらの方がおすすめとなります。

 

しかし、技能試験は結構厳しいようです。

 

 

受験に必要な物
・運転免許申請書
(試験場にあります)

 

・受験票
(試験場にあります)

 

・住民票1通
(発行後6ヶ月以内で本籍地 の記載のあるもの)

 

・顔写真
(撮影後6ヶ月以内でタテ30mmヨコ24mmのもの)

 

・印鑑
(認め印で可)

 

・筆記用具
(HB以上の鉛筆、ボールペン、消しゴム等)

 

・メガネやコンタクトレンズ
(視力矯正が必要な人の場合)

 

・免許証持参

 

 

 

 

 

 

取得までの流れ

 

試験場で適正検査を受ける
・視力両眼で0.8以上かつ片眼で0.5以上
 ※眼鏡・コンタクト可

 

・色彩識別信号色(赤・青・黄)の識別ができること。

 

 

 

・三桿法の奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が2センチメートル以下であること

 

 

 

仮免許学科試験を受ける

 

 

 

 

技能試験を受ける
仮免許技能試験手数料 4550円

 

 

 

技能試験に合格すると仮免許証の発行手続き
仮免許証発行手数料 1100円

 

 

 

 

 

本試験の前にしておくこと

 

特定教習を受ける

 

内容
・危険予測講習(2時限)

 

・高速道路講習(2時限)

 

・応急救護処置教習(3時限)

 

 

(この講習を受けると取得時講習は免除)

 

費用 22550円(受講する場所で価格の違いがあるようです)

 

 

 

※特定教習と取得時講習とありますが、どちらか一方受ければOKです。

 

内容の違いはないようですが、特定教習を受けとけば免許証の交付が早くなります。
(仮免許取得時に受けられるため)

 

ただ、価格が一定になっておらず、高くなっている場合があるようです。

 

22550円を基準に判断するといいかもしれません。

 

 

 

 

路上教習申告書
乗車記録が5日間以上に分け10時間以上であること。

 

記載記録は3ヶ月間以内のものが有効。

 

 

 

※本免許試験を受験するにはやらなくてはならないものです、

 

仮免許練習中の標識をつけ、練習細目の内容にそって練習するというものです。
(路上教習申告書はもらえます)

 

その時に同乗者が助手席に乗っていなければならないのですが、同乗者の条件は”中型、大型免許取得後3年以上経過している人、又は中型、大型2種免許を取得している人”となります。

 

一般の方でもいいようです。

 

同乗者がいない場合は教習所で行うしかありませんが費用がかなりかかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

本試験
9,700円(受験料4,600円 試験車使用料3050円 免許証交付料2,050円)

 

 

 

試験場で適正検査を受ける

 

 

 

技能試験を受ける

 

 

 

本免許証の発行手続き

 

 

 

 

運転免許センター(一発試験)で取得すると、価格、時間の節約になりますね。

 

自信のある方は挑戦して下さい。

 

ほとんどの試験場では、平日のみ試験になりますので、日程的に厳しい方もでてきます。

 

無理の無い取得方法をお選び下さい、

 

 

 

 

 

 

 

大型二種免許 教習所

規定の学科、実技教習を受けます。

 

 

2種免許証は、お客さんを乗せてお金を貰うわけですから、安全性や乗り心地は求められます。

 

安全確認、ブレーキ、カーブ、発進など、細かく教習されます。

 

 

 

しかし難しい事はなく、丁寧に運転すれば問題なく進んでいくと思います。

 

気楽に望んで下さいね。

 

 

 

2種免許の学科が難しいと言われますが、1種の学科試験と大きく違っているわけではありません。

 

何問か2種の問題は出ますが、後はそれほどの違いはありません。

 

しかし学科の合格率は30%そこそこ。

 

 

 

この数字は一般的に言われている数字で、

 

自分が受けた時の合格率も大体これくらいでした。

 

 

 

教習中にも効果測定という学科試験があります。

 

しっかり勉強しましょう。

 

 

 

大型車は、中型車より2M位長い車両です。

 

この免許証があればほとんどの車両を運転できる事になります。

 

是非頑張って取得して下さいね。

 

 

 

 

費用 学科時間 実技時間

  学科教習時間  実技教習時間 費用
所持免許  MT普通一種 19時間         34時間 52万から55万位

所持免許  MT中型一種
          (8t限定)

19時間         29時間 48万から52万位

 

※教習所によって価格はかなり差があります。
 目安として見て下さい。

 

 

 

教習所を卒業すると、試験場にて視力検査、学科試験を受けます。

 

これを通過すると免許証交付となります。

 

 

 

 

学科試験 交付手数料
受験料1,750円 免許証交付料2,050円=3800円
がかかります。

 

 

 

時間がまとまってとてる方は、ダンゼン合宿免許がお得ですよ!
追加料金なしの卒業まで完全保証

 

 

 

 

 

運転免許センター(試験場)の場合

運転免許センターで適性検査、学科試験を受け、合格すると技能試験を受ける事ができます。

 

技能試験で合格すると取得時講習と応急救護講習を受け免許証の交付となります。

 

時間、費用共にかなり少なくて済みます。

 

技能に自信のある方は、こちらの方がおすすめとなります。

 

しかし、技能試験は結構厳しいようです。

 

 

 

受験に必要な物
・運転免許申請書
(試験場にあります)

 

・受験票
(試験場にあります)

 

・住民票1通
(発行後6ヶ月以内で本籍地 の記載のあるもの)

 

・顔写真
(撮影後6ヶ月以内でタテ30mmヨコ24mmのもの)

 

・印鑑
(認め印で可)

 

・筆記用具
(HB以上の鉛筆、ボールペン、消しゴム等)

 

・メガネやコンタクトレンズ
(視力矯正が必要な人の場合)

 

・免許証持参

 

 

 

 

 

 

取得までの流れ

 

試験場で適正検査を受ける

 

・視力両眼で0.8以上かつ片眼で0.5以上
 ※眼鏡・コンタクト可

 

・色彩識別信号色(赤・青・黄)の識別ができること。

 

・三桿法の奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が2センチメートル以下であること

 

 

 

 

仮免許学科試験を受ける

 

 

 

 

技能試験を受ける
仮免許技能試験手数料 4550円

 

 

 

技能試験に合格すると仮免許証の発行手続き
仮免許証発行手数料 1100円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本試験の前にしておくこと

 

 

特定教習を受ける

 

内容
・危険予測講習(2時限)

 

・高速道路講習(2時限)

 

・応急救護処置教習(3時限)

 

 

(この講習を受けると取得時講習は免除)

 

費用 22550円(受講する場所で価格の違いがあるようです)

 

 

 

 

※特定教習と取得時講習とありますが、どちらか一方受ければOKです。

 

内容の違いはないようですが、特定教習を受けとけば免許証の交付が早くなります。
(仮免許取得時に受けられるため)

 

ただ、価格が一定になっておらず、高くなっている場合があるようです。

 

22550円を基準に判断するといいかもしれません。

 

 

 

 

路上教習申告書
乗車記録が5日間以上に分け10時間以上であること。

 

記載記録は3ヶ月間以内のものが有効。

 

 

 

※本免許試験を受験するにはやらなくてはならないものです、

 

仮免許練習中の標識をつけ、練習細目の内容にそって練習するというものです。
(路上教習申告書はもらえます)

 

その時に同乗者が助手席に乗っていなければならないのですが、同乗者の条件は”大型免許取得後3年以上経過している人、又は大型2種免許を取得している人”となります。

 

 

一般の方でもいいようです。
同乗者がいない場合は教習所で行うしかありませんが費用がかなりかかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

本試験
9,700円(受験料4,600円 試験車使用料3050円 免許証交付料2,050円)

 

 

 

試験場で適正検査を受ける

 

 

 

技能試験を受ける

 

 

 

本免許証の発行手続き

 

 

 

 

 

運転免許センター(一発試験)で取得すると、価格、時間の節約になりますね。

 

自信のある方は挑戦して下さい。

 

ほとんどの試験場では、平日のみ試験になりますので、日程的に厳しい方もでてきます。

 

無理の無い取得方法をお選び下さい、

 

 

 

 

 

都心近くに住んでいる人には、合宿がおすすめです。

 

泊まりの料金と3食ついて、通いの教習料金よりも安いケースが多く見られます。

 

オマケに教習時間がオーバーしても料金の追加が無いケースも!

 

大変お得です。

 

 

私は合宿で中型2種免許を取得しました。
(中型免許あり 限定解除済みで)

 

宿泊料金
食事代
オーバーした教習料金
行き帰り交通費

 

がすべて入った料金で、近所の教習所よりも3万円以上安くおさまりました。

 

色々な教習の料金を比較の上、検討してみてください。

 

追加料金なしの卒業まで完全保証

 

 

 

 

 

中型2種免許の取得を考えている方へ
私は中型2種免許を取得しましたが、非常に中途半端な免許のように感じます。
これから2種免許取得を考えているなら、料金は高く付きますが、大型2種がオススメです。

 

私の場合、元々普通2種があればよかったのですが、限定解除をしていたため中型2種免許をしたのですが、
今となれば、大型2種にしておけば・・・。

 

と少し後悔しております。

 

教習車も大型と、車幅、高さは変わりません。
違うのは長さだけです。
(確か大型が11mで中型が9mだったような)

 

現在の中型は、改正前の大型の教習車を使っているとのことでした。
技術的にはほぼ一緒?ですよ。

 

 

参考にして下さい。

 

 

 

高い保険料を払っていませんか?
損をしているかもしれませんよ!
無料の自動車保険一括見積もりサービス

 

 

 

 

 

免許・資格 トップへ

 

トップへ

 

 

二種免許 取得 学科 費用は関連ページ

原付免許の取り方 費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
大型自動二輪 普通自動二輪の免許 期間 費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
普通免許 普通免許AT 取得費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
中型免許 中型自動車免許の取得の費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
大型免許 大型自動車免許の取得の費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。