原付免許の取り方 費用は

原付免許の取り方 費用は

原付免許の取り方に説明します。

 

原付免許を取るのに時間、費用ともそれほどかかるものではありません。

 

練習問題をひたすら解いて、学科試験に望みましょう。

 

売れている問題集です。
参考にして下さい。
原付免許問題集

 

 

学科試験は、言葉の表現が独特で、引っ掛け問題が多数あります。

 

問題集を解いていけばなれますよ。

 

問題をよく読み、慌てず試験に望めば、それほど難しくありません。

 

是非、挑戦して下さいね。
(身分証明証として使っている人も多いようです。)

 

 

 

 

 

試験を受ける場所

自分が住民登録をしている都道府県の運転免許センターで試験を受けます。

 

 

原付免許を取れる資格

年齢
16歳以上

 

適正
・両眼で0.5以上。(メガネなどの使用可)

 

・片眼が見えない場合は、他眼の視野が左右150度以上で視力0.5以上が必要となります。

 

・信号機に使用されている、赤・青・黄色を識別できること。

 

・指・手足・腰などの身体機能に障がいがないこと。
(身体に障がいのある方は、運転免許センター「適性相談窓口」に相談してください)

 

・90ホンの音が10メートル離れていても聞き取れる

 

 

原付免許取得の流れ

都道府県の運転免許センターにて試験を受けますが、各都道府県によって多少異なりますので、事前に調べてから試験に望んで下さい。
(試験の開催日、時間、費用等。当日は遅刻のないように場所、行き方など調べておいたほうがいいですよ)

 

 

 

 

 

適性検査をパス
・両眼で0.5以上。(メガネなどの使用可)

 

・片眼が見えない場合は、他眼の視野が左右150度以上で視力0.5以上が必要となります。

 

・信号機に使用されている、赤・青・黄色を識別できること。

 

・指・手足・腰などの身体機能に障がいがないこと。
(身体に障がいのある方は、運転免許センター「適性相談窓口」に相談してください)

 

・90ホンの音が10メートル離れていても聞き取れる

 

 

学科試験に合格
30分間で交通法規を中心とした文章問題が46問出題されます。(1問1点)
他にイラストによる危険予測問題が2問出題されます。(1問2点)
50点満点です。

 

合格点は45点以上

 

 

 

原付講習
学科講習と技能講習を合計3時限受講する事になります。

 

技能講習がありますので、運動しやすい服装で行きましょう。
(ミニスカート、ヒール、サンダルなどで行くと講習が受けられない可能性があります。)

 

 

準備するもの

・運転免許申請書(試験場にあります)

 

・受験票(試験場にあります)

 

・住民票1通 (発行後6ヶ月以内で本籍地 の記載のあるもの)

 

・顔写真 (撮影後6ヶ月以内でタテ30mmヨコ24mmのもの)

 

・印鑑(認め印で可)

 

・筆記用具(HB以上の鉛筆、ボールペン、消しゴム等)

 

・メガネやコンタクトレンズ(視力矯正が必要な人の場合)

 

 

費用

・費用 7,750円
内訳 試験手数料1500円+交付手数料2050円+原付講習料4200円
(各都道府県によって多少異なります)

 

※お金は余裕をもって持って行きましょう。

 

 

 

売れている問題集です。
参考にして下さい。
原付免許問題集

 

 

 

 

 

 

エイチームが運営するサイト。
:一部上場企業で個人情報保護はバッチリ!!

 

 

 

 

 

試験当日

試験当日は絶対に遅刻のないようにしましょうね。
(受付等がありますので余裕を持って)

 

準備するものは大丈夫ですか?

 

服装は大丈夫ですか?

 

勉強はバッチリですよね〜

 

運転免許試験場に行くまでの道のりに、やたらと勧誘して来るお兄ちゃんがいます。
これは、試験問題を教えてくれるというもの。(全国共通?)
もちろん有料。(3000円位?)
勉強はバッチリしている訳ですので無視しましょうね。

 

 

運転免許試験場に到着したらまず受付へ
1 試験申請書の用紙に必要事項を記入。
2 持ってきた写真を添付
3 試験手数料1500円(各都道府県で多少違います)の印紙を自動販売機で購入して申請書の用紙に貼る。
4 受付へ提出する。

 

 

適性検査を受ける
1 視力検査を受けます。(メガネやコンタクトが必要なら用意)
2 適性が認められると申請書にチェックが付きます。
3 受験票をもらう。
4 指定された受験会場へ

 

 

学科試験
試験時間は30分間
文章問題が46問(1問1点)
イラストによる危険予測問題が2問出題(1問2点)

 

50点満点です。

 

合格点は45点以上

 

 

解らない問題があっても必ず回答はしておきましょう。
(間違って正解するかも)

 

 

合格発表

 

 

 

各都道府県によって多少違いがありますが、この辺りで午前中が終了します。

 

 

 

不合格だったら
残念ながら不合格だったらまた最初からやり直しになります。
費用もかかりますし、次回で必ず合格するように頑張りましょう。

 

 

合格したら
1 交付手数料2050円(各都道府県で多少違います)の印紙を購入して貼ります。
 この時に 原付講習料4200円(各都道府県で多少違います)を同時に購入するといいかもしれません。
2 免許に載る写真撮影。(変に写る事が多い)

 

 

原付講習会場へ
1 講習申し込み用紙に必要事項を記入。
2 印紙を貼り(4200円、各都道府県で多少違います)、窓口に提出。
3 指定された原付講習会場へ

 

 

原付講習会場
3時間位講習を受ける。

 

 

この間に免許証が作成されております。

 

原付講習が終わった頃には免許証が完成。

 

免許証交付となります。
(終了時間はおおよそ16:00から17:00)

 

 

晴れて原付免許所持者となります。

 

 

 

お・め・で・と・う・ご・ざ・い・ま・す

 

 

安全運転で!

 

 

 

 

 

 

バイクに乗る場合は、万が一を考えておきましょう!
あなたに最適のバイク保険見つかります!!◇保険の窓口インズウェブ◇ 

 

 

 

 

 

 

免許・資格 トップへ

 

トップへ

原付免許の取り方 費用は関連ページ

大型自動二輪 普通自動二輪の免許 期間 費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
普通免許 普通免許AT 取得費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
中型免許 中型自動車免許の取得の費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
大型免許 大型自動車免許の取得の費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
二種免許 取得 学科 費用は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。