コレステロールの基準値 正常値は  卵コレステロール値は

コレステロールの基準値 正常値は  卵コレステロール値は

コレステロールと聞くと悪いイメージが有るのではないでしょうか。

 

コレステロールには、悪さをする場合も有りますが、良い働きもしています

 

そんなコレステロールの正しい値を知り健康に役立てていたければ、と思います。

 

それでは、コレステロールの基準値を含め、お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

コレステロールの基準値

男性 女性

日本の成人の総コレステロールの基準値の範囲

 

総コレステロールの基準値

130mg/dlから219mg/dl

 

 

130mg/dlから200mg/dl

同左

HDLコレステロール(善玉)
低HDLコレステロール血症と診断

40 mg/dl未満 45 mg/dl未満

LDLコレステロールの正常範囲
LDLコレステロール(悪玉)正常値

70 mg/dlから140 mg/dl未満
70 mg/dlから120 mg/dl

同左

 

中性脂肪の正常値 50 mg/dlから149 mg/dl 同左

 

※総コレステロールは220 mg/dl以上の場合は高コレステロール血症と診断。
※LDLコレステロール(悪玉)は、140 mg/dl以上の場合は、高LDLコレステロール血症と診断。

 

 

 

 

 

デメカル血液検査キット

 

 

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレステロールの種類と働き

悪玉コレステロール(LDL)
肝臓から体内に必要なコレステロールを運びます。
(コレステロールは血液に含まれ、血管をとして運ばれます)

 

LDLコレステロールは、血管の壁を強くする働きが有りますが、これが強すぎると血管を固くし過ぎてしまいます。

 

この硬くなった状態を動脈硬化と言います。

 

 

 

 

男性ホルモン、女性ホルモン、細胞膜は、コレステロールが原料になって作られています。

 

これを見ただけでも、コレステロールの必要性はわかって頂けると思います。

 

必要なのは、LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスということになります。

 

LDLコレステロールが基準値であれば、HDLコレステロールとのバランスも良く、良い働きをしてくれてます。

 

悪玉コレステロールとは、名前が悪すぎますね。

 

 

 

 

善玉コレステロール(HDL)
悪玉コレステロールが多すぎた場合、血管の壁に付いて動脈硬化になってしまいます。

 

それを防ごうと、HDLコレステロールは余分な悪玉コレステロールを血管の壁などから取り除き、肝臓に運ぶ役割をしております

 

 

 

 

中性脂肪
中性脂肪は、イザという時のために蓄えられます

 

特に過剰に摂取された糖質は、はじめに肝臓により作られます。

 

 

悪名高いコレステロールですが、無くてはならないものです。

 

バランスを保つことが大切です。

 

 

 

 

 

コレステロールと中性脂肪による病気

コレステロールと中性脂肪が両方高い場合に考えられる病気
・動脈硬化
・糖尿病
・高尿酸血症
・急性膵炎
・肥満

 

 

 

 

 

コレステロールは正常で中性脂肪が高い場合に考えられる病気
・糖尿病
・高尿酸血症
・急性膵炎
・肥満

 

 

 

コレステロールが高く中性脂肪が正常な場合に考えられる病気
・動脈硬化

 

 

 

 

 

総コレステロール値が高いと、血圧も高くなる場合も多いようです。

 

高血圧になると、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの原因になります。

 

ということは、

 

高コレステロールであると、高血圧になり、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中になりやすい。

 

ということになります。

 

かと言って、総コレステロールが少ないと、ガンやうつ病になりやすいとも言われています。

 

繰り返しになりますが、バランスを保つことが大切ということになります。

 

 

 

 

 

高コレステロールの対処

過食、脂肪分、糖分のとりすぎ

魚卵類やレバーなどのコレステロールが多く含まれる食材は、なるべく避ける。

 

 

食物繊維の不足

腸内の掃除をしてくれます。

 

そのことにより、コレステロールの吸収を抑えてくれます。

 

 

 

アルコール

適度なアルコールの摂取はHDLコレステロール(善玉)を増やしますが、中性脂肪を増やしてしまいますので、飲み過ぎは注意が必要です。

 

 

 

タバコ

タバコは、HDLコレステロール(善玉)を減少させる。

 

 

 

運動不足

適度な有酸素運動は、コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす効果が有るようです。

 

ウォーキングは、体の負担も少なく、オススメの運動です。

 

 

 

卵コレステロール値は

先に説明しましたが、コレステロールは、良い働きをしています。

 

男性ホルモン、女性ホルモン、細胞膜は、コレステロールが原料になって作られています。

 

ですから、過度にコレステロールを控えるのも問題です。

 

卵には、レシチンというリン脂質が含まれ、コレステロールの蓄積を抑え、悪玉コレステロールを低下させてくれます

 

また、卵に含まれるレシチンやオレイン酸は、悪玉コレステロールを低下させてくれるだけでなく、善玉コレステロール値を増やしてくれます。

 

このような働きが卵には、ありますので、1日1個は摂取した方が良いと言われております。

 

1日1個の卵はオススメですが、摂り過ぎには注意です。

 

 

 

 

デメカル血液検査キット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康 お悩み情報 トップへ

 

トップへ

 

 

 

 

コレステロールの基準値 正常値は  卵コレステロール値は関連ページ

ダイエット方法 成功する第1歩
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。