冷房病 クーラー病の症状と対処法

冷房病 クーラー病の症状と対処法

あなたはクーラー派、扇風機派?

 

梅雨も明け、夏本番になりました。

 

 

冷房病(クーラー病)って知ってまっすか?

 

聞いたことはあるけど、詳しい事は・・・。

 

あなたもクーラー病になっているかも。

 

 

 

冷房病(クーラー病)はどんな病気

室内の温度と外の温度差が5℃以上ある環境に長時間いたとき、身体の体温調節機能が不具合を生じ周りの温度に体が適応できずに起きる病気です。
(自律神経失調症)

 

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが上手く行かなくなった時に起きます。

 

 

 

交感神経が働き
寒い時に働き、発汗を抑制するため血管を収縮させ体温調整をする。

 

 

 

副交換神経が働き
暑い時に働き、体の熱を放散させようと、血管を拡張し発汗を促す。

 

このバランス崩れた時に冷房病(クーラー病)になります。

 

この環境になりやすいのが、室内外温度差が5度以上と言うわけです。

 

 

 

冷房病(クーラー病)の症状

足腰の冷え 頭痛 身体のだるさ 下痢・便秘(腹痛) 頻尿 しびれ むくみ
肩こり 食欲不振 疲労感 神経痛 イライラ めまい 不眠

 

などが上げられます。

 

 

 

参考
初期の症状   末梢の血管が収縮し手足先が冷たくなる。

 

次に起こる症状 お腹や腰が冷えて胃腸,膀胱などの内蔵に影響が出る。

 

次に起こる症状 体全体に冷えを感じる。イライラ めまいなどの症状が出る場合もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷房病(クーラー病)の対処法

脱ぎ着できる上着を用意(カーディガンやジャケット)
(頭痛や肩こりといった症状がある場合は薄めのタオルなどを首や肩に巻いておく)

 

靴下 ひざかけ 腹巻き カイロなどを利用する。

 

ぬるめのお湯で半身浴。
(血行が良くなり、安眠繋がる場合もあります)

 

 

 

 

冷房病(クーラー病)にかかりづらい体を作る

日頃からウオーキングなど適度な運動をする。

 

血管に影響を与えるタバコを控える。

 

食事ではなるべく体を温める食品をとる。

 

 

冷房病(クーラー病)にも言える事なんですけど、とにかく免疫力を上げる事が大切。

 

免疫は体内に入った、いらないものを排除しようとするもので、免疫力が低下すると病気にもなりやすくなります。

 

免疫力が低下する原因の1つにストレスが上げられます。

 

ストレス社会と言われてますので、少しでもリラックスし免疫力の低下を防ぎましょう。

 

 

 

 

ストレス解消にお祭りいかがでしょう。

 

夏まつり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな病気 トップ

 

トップへ

 

 

 

冷房病 クーラー病の症状と対処法関連ページ

熱中症 予防 対策 どんなグッズがあるの
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
インフルエンザ 予防 食事
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ノロウイルスの感染経路は ノロウイルスは空気感染するの?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。