インフルエンザ 予防 食事

インフルエンザ 予防 食事

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こる病気で、身の倦怠感発熱などが症状として現れます。

 

風邪と似た症状のため、最初は見分けにくいのが現状です。

 

 

 

 

 

インフルエンザは、大きく分けて、A型、B型、C型の3つに分けられます。

 

A型・・・世界的に流行しやすくウイルスも変化しやすい。(A/H1N1型ソ連型・A/H3N2型香港型)

 

B型・・・免疫がつきやすく、二度目の感染はしにくい。

 

C型・・・このウイルスの免疫を持っている人が多くかかりにくい。

 

 

 

 

インフルエンザの流行時期

例年、11月から12月頃から流行の兆しが見えてきます。

 

1月から3月でピークを迎えます。

 

 

ウイルスが形を変えるため、いつもこの時期とは限りません。

 

新しい形のウイルスがいつ出るかわかりませんので、常に情報には、注意してましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザウイルスの感染経路

インフルエンザウイルスは、飛沫感染(ひまつかんせん)によって流行していきます。

 

インフルエンザの飛沫感染は、インフルエンザウイルスを持った人がせきやくしゃみなどをした時のしぶきを吸い込むことによって感染します。
(しぶきにはインフルエンザウイルスが含まれているため)

 

インフルエンザウイルスは、呼吸をした時に鼻やのどから体内に入り、粘膜に吸着します。

 

粘膜に吸着したインフルエンザウイルスは、のどや気管支などで増殖します。

 

インフルエンザウイルスの潜伏期間は1日から3日くらいです。

 

潜伏期間はウイルスにより変わる可能性がありますので、新型ウイルスは、当てはまらない場合があります。

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの症状

インフルエンザのウイルスの潜伏期間は1日から3日くらいですが、その後高熱が出てきます。

 

食欲不振、全身倦怠感などの症状が強く出てきます。

 

・高熱

 

・せきやのどの痛み

 

・鼻水などの呼吸器症状

 

・腰痛

 

・吐き気などの消化器症状

 

 

 

 

 

インフルエンザ 予防

1番は、インフルエンザワクチンを受けるのが効果的で、インフルエンザウイルスを広げない事にも役立ちます。

 

インフルエンザワクチンを接種することによりウイルスに感染しにくくなるため、集団生活をしている方は必要です。

 

これは、家庭内でも同様で、公共の交通機関を利用する人にも言える事です。

 

特に家庭内で幼児や老人がいる場合は必ずワクチン接種をすることをおすすめします。

 

 

 

ワクチン接種をしたからすぐに抗体は出来ません。

 

抗体ができあがるまで2週間程度の時間が必要になりますので流行する前にワクチン接種をすることをおすすめします。

 

 

ワクチンはウイルスの形が違うと効果がありません。

 

しかし、毎年流行するウイルスを予測して製造されており、

 

インフルエンザの流行を抑制させています。

 

 

・インフルエンザのワクチン接種

 

・外出後の手洗い、うがい

 

・外出時のマスク着用

 

 

 

インフルエンザウイルスに感染したら

とにかく、早めの医療機関の受診です。

 

他の人にうつさぬように、安静にしておくことが大切。

 

他に十分な水分補給、マスクを着用

 

外出を控え、無理して人の集まる学校や職場などに行かないようにする事が大切です

 

 

 

 

 

 

インフルエンザを予防する食事

インフルエンザを予防する食事をご紹介します。

 

これは、細胞を強くし、ウイルスの侵入をしにくくするものでインフルエンザだけでなく風邪の予防などにも十分役立ちます。

 

 

 

体を温める食材
人の体は体温が上がると免疫力が上がります。

 

これは、1つのポイントです。

 

 

ねぎ、にら、唐辛子、にんにく、しょうがなどが効果的。

 

 

 

 

 

抗酸化作用がある食材
細胞に悪影響を及ぼす活性酸素を抑制。

 

キャベツ、大豆、玉ねぎ、にんにく、しょうが、トマト、ナス、ピーマン、お茶、玄米など

 

 

 

 

免疫細胞の減少を防ぐ食材(タンパク質)
毎食時に1品は食べるようにしましょう。

 

・卵  1個

 

・豆腐や納豆などの大豆製品  豆腐半丁/納豆1パック

 

・魚  あじ1匹など

 

・肉  100G程度

 

牛乳(1本分200CC)なども効果的です。

 

 

 

 

 

免疫を上げる食材
ビタミンAを多く含む食材
レバー、あんこう肝、うなぎなど

 

緑黄色野菜(にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど)

 

 

 

ビタミンCを多く含む食材
野菜、くだもの

 

 

 

 

腸内環境(粘膜)を整える食材
食物繊維を多く含む食材
海藻類、大根、ごぼう、きのこ類、こんにゃく

 

 

ネバネバ食材
おくら、納豆、長芋など

 

 

発酵食品
ヨーグルト、キムチ、納豆など

 

 

 

食生活は何においても大切ですね。

 

バランスよく、適度な量を摂取しましょう。

 

普段バランスよく食事をとっている方は、各食で1つでも強化する食材を意識するのもいいかもしれません。

イルスに負けない免疫力をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな病気 トップ

 

トップへ

インフルエンザ 予防 食事関連ページ

冷房病 クーラー病の症状と対処法
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
熱中症 予防 対策 どんなグッズがあるの
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ノロウイルスの感染経路は ノロウイルスは空気感染するの?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。