熱中症 予防 対策 どんなグッズがあるの

熱中症 予防 対策 どんなグッズがあるの

梅雨が明けると急に真夏に突入。

 

急激に熱くなると、体も慣れてないせいか熱中症にかかる人が急増します。

 

夏を乗り越えるためには熱中症対策が必要不可欠となります。

 

熱中症を甘く見ていると死に至るケースもあります。

 

取り返しがつかなくなる前に対策をしましょう。

 

 

 

 

熱中症とは

熱中症は暑さによって起きる障害で幾つか種類があります。

 

熱失神
血管が拡張し、血圧が低下する。

 

これにより脳に血が行きにくくなってしまう。

 

めまい 失神 呼吸数が増える 脈が速くなる 顔面蒼白 唇のしびれなどの症状がおきます。

 

 

 

熱痙攣
大量の汗をかく時におこるもの。

 

水分だけを摂取した場合、血液の塩分濃度が低下します。

 

これにより、足、腕、腹部の筋肉に痛みがおき、痙攣を起こします。

 

 

 

 

熱疲労
水分補給が追いつかなくなり脱水がおきます。

 

脱水の症状として吐き気 頭痛 脱力感 倦怠感 頭痛

 

などがあります。

 

 

 

 

熱射病
体温の上昇によって起きます。

 

体温の上昇により中枢機能に問題が出た状態。

 

特徴的な症状として、意識障害があります。

 

他に吐き気 頭痛 めまい 

 

などがあります。

 

熱射病は、臓器に障害を与える場合も多く、死につながる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱射病かかりやすい環境

・急に温度があがった日

 

・温度がさほど高くなく、湿気が多い日(汗を発散しづらい環境)

 

・エアコンの効いた部屋から外にでた時。(急激な温度変化)

 

・長時間に渡るスポーツ

 

・汗を発散しづらい服装。(厚着など)

 

 

特に高齢者の方は注意が必要です。

 

高齢者は体温調整があまりうまくできず、暑さにも鈍感になっている場合が多いためです。

 

他に幼児、睡眠不足、下痢、肥満などが熱中症に掛かりやすく、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

熱中症の予防

・通気性の良い衣類を着る。(外出時は帽子かぶる)

 

・気温の高い時間帯の外出は避ける。(スポーツなども含む)

 

・体内の水分・塩分が失われないようにする。(汗をかいたら水分、塩分補給)

 

・直射日光を避け、風通しを良くする。

 

水分補給をする際は、一気に摂取すると、胃に負担がかかり、下痢などを起こす場合もあります。

 

こまめに水分補給はしましょう。

 

 

スポーツドリンクは熱中症対策にいいとされてますが、血圧が高い人は注意が必要です。
(塩分が高いため)

 

この辺りも頭に入れておくと良いでしょう。

 

大切なことは、喉が渇いたら水分補給をするのではなく、汗をかいたと思ったらこまめに水分補給をすることです。

 

喉が渇いたと思った時には、脱水が始まってますので注意しましょう。

 

 

 

 

 

熱中症かかってしまった場合の応急処置

軽度の場合は水分補給などで回復する場合もありますが、症状が重い場合はすぐに病院です。

 

焦らずに迅速な行動が必要です。

 

 

 

木陰などの涼しい場所を選び、足を高くして寝かせます。
(この時衣類は少しゆるめます)

 

水分塩分補給をします。
(スポーツドリンクなどが良いでしょう)

 

風を送ってあげる。(うちわなどで)

 

手先や足先などから心臓に向けてマッサージをするのも効果的です。

 

全身に霧吹き状に水をかけたり、濡れタオルなど熱を発散させることが重要です。

 

特に首、脇の下、足の付根(内側)などを冷やすと効果的です。

 

 

意識などがない場合は体から熱を発散させながらとにかく病院に行ってください

 

命に関わります。

 

 

 

いざと言う時に役立てて下さい。

 

 

 

★熱中症対策グッズ★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな病気 トップ

 

トップへ

熱中症 予防 対策 どんなグッズがあるの関連ページ

冷房病 クーラー病の症状と対処法
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
インフルエンザ 予防 食事
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ノロウイルスの感染経路は ノロウイルスは空気感染するの?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。