ドックフードの選び方 切り替え方法

ドックフードの選び方 切り替え方法

ドックフードの選らびかたは、難しく大切なことです。

 

慎重にワンちゃんに合うフードを選びましょう。

 

 

 

 

子犬の時期の目安(成犬になった時の予想体重)
小型犬 成犬時の体重 10KGまで
子犬の時期は、離乳から10ヶ月位

 

 

中型犬 成犬時の体重 25KGまで
子犬の時期は、離乳から12ヶ月位

 

 

大型犬 成犬時の体重 上記以上
子犬の時期は、離乳から18ヶ月位

 

 

これは、あくまでも目安です。

 

 

 

 

 

 

ワンちゃん、ネコちゃんを探すならこちらから!!
カワイイ、子犬、子猫が満載!!

 

 

 

 

 

 

 

 

子犬用

子犬専用のドックフードが望ましいです。

 

子犬専用のドックフードは、成犬に比べるとカロリー、タンパク質、脂質などが高めになってます。

 

成長期の子犬に、必要な栄養価が含まれております。

 

犬にとって成長期は、非常に大切です。

 

適切な良いフードをあげましょう。

 

 

 

 

ドックフードのパッケージに書いてある、1日に与える量が時間が経つに連れて減ってると思います。

 

これは体の急成長時期に関係します。

 

 

 

急成長の時期が終わると、骨格を作る時期に入ります。

 

この時期は、体の成長は穏やかになりす。

 

急成長の時と同じ量のフードを与えると、肥満になる可能性ありますので、1日に与える量を目安に量の調整をしてください。

 

 

 

注意
骨格が出来る前に飛んだり跳ねたりさせる事は、なるべく避けて下さい。

 

関節にあまり良くありません。
(特にフローリングには注意

 

 

 

 

 

 

 

フードを選ぶ基準

子犬を購入した時に、今まであげていたフードを勧められます。

 

食いつき良く、便の調子が良ければそのフードを続けて与えていいと思います。

 

 

 

子犬時期は、成長が早く1年前後で成犬(体調維持期)になります。

 

人間例えると15倍から20倍のスピードです。

 

 

 

 

フードを変えたことにより3日間下痢になった場合

 

人間で言うと1ヶ月以上下痢になったのと同じになります。

 

 

成長段階の、この時期にはリスクが大きいと思いませんか?

 

フードがワンちゃんに合っていれば、無理に変える必要はないと考えております。
(栄養価が足りない物などをあげていた場合は除きます。下記を参照して下さい。)

 

 

 

 

 

 

ドックフード変える場合

大まかな目安です。
(参考程度してください。)

 

 

価格で言うと1KGのドックフードが1000円前後

 

原材料の先頭に肉類が来ていること。

 

 

タンパク質が30%前後
脂質が20%前後
粗繊維3から4%位
灰分10%前後
カルシウム1%前後

 

カロリー380K/100G前後

 

 

 

ペットフード公正取引協議会が定めた栄養基準を満たしている事。
(総合栄養食)

 

AAFCO栄養基準で総合栄養食である基準に達している事。
(ペットフード公正取引協議会かAAFCOのどちらかで基準に達していればOK)

 

 

こんな基準でドックフードをみてみると参考になるかもしれません。

 

 

 

 

個人的な意見で、おすすめする子犬用フードは
ユーカヌバ子犬用かロイヤルカナンです。

 

 

 

 

 

 

成犬用

体調維持期に与えるフードになります。

 

皮膚が弱いワンちゃん、関節が弱いワンちゃん、太りやすいワンちゃん様々です。

 

フードにより、改善出来る場合もあります。

 

最適なフード選んで下さい。

 

 

 

 

食べるフード

食事の目的は、食べて栄養うを取ることですのでこれが第一条件です。

 

 

 

便の調子が良いフード

ワンちゃんの体に合っていることです。

 

食べても下痢をしてしまったら栄養を吸収出来ません。

 

ワンちゃんの体に合わないフードは直ぐに変えましょう。

 

 

 

 

良質の素材を使っている

犬は、肉類の消化がはうまく出来る体の構造です。

 

ドックフードのパッケージに原材料が書いてありますが、先頭に肉類が書いてあるフードがお勧めです。

 

良質の素材を使っているかは、メーカーの言葉を信じるしかありません。

 

この辺は大変アバウトになってしまいますが、本当の事は製造元しかわかりません。

 

情報の整理をして判断して下さい。

 

 

 

 

 

高齢犬用

高齢犬になると、人間と同じく消化機能が弱ったり関節が弱くなったりします。

 

高齢犬用はこの辺を配慮され作られております。

 

ワンちゃんも長生きになり、高齢犬用のフードを与える期間が1番長いかもしれません。

 

 

運動量が低下し、基礎代謝も、減ってきます。

 

肥満にしてしまうと痩せるのが大変になります。

 

肥満からくる病気も心配です。

 

肥満にならないように十分、気よつけましょう。

 

 

 

 

フードの切り替え方

フードを切り替えると軟便、下痢になる事が結構あります。

 

意外とデリケートなのです。

 

 

 

フードの切り替える場合は、現在あげているフードを8、新しいフードを2から初めて見て下さい。

 

次の日は現在あげているフードを7、新しいフードを3と、新しいフードを徐々に増やしていきます。

 

1週間位かけて切り替えて行くのがお勧めです。

 

 

 

 

 

 

悪い情報ほど1人歩きする場合が多いようです。

 

ワンちゃんに合ったフードを与えてる人の評価はいい場合が多いですが、合わないフードを与えてる人の評価はボロクソです。

 

売れているフードほど悪い情報が多いのも事実です。

 

1番は、飼っているワンちゃんに合っているか、いないかです。

 

情報だけに振り回されるのは注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

ペット関連 トップ

 

トップへ

 

ドックフードの選び方 切り替え方法関連ページ

犬を飼う前に その1
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬を飼う前に その2
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬を飼う前に その3
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬との主従関係 非常に大切です
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬のしつけ 叩くのはダメ 基本はこちら
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬 しつけ おすわりは必要?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
フィラリアの症状 フィラリアの予防はどうすれば良いか
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬の散歩 マナーは守りましょう
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬の爪の切り方 犬の爪切りでの止血の仕方
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬のブラッシングと猫のブラッシング 重要!!
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬の匂い 猫のにおい 対策は?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬のノミ 猫のノミ 見つけたらすぐノミ退治!
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ノミの被害・マダニの被害 ノミ・マダニが引き起こす病気
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬 散歩 夏場の犬の散歩する時間 注意することは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
犬のお散歩後のお手入れ
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
雷の音は犬が嫌う 犬は雷の音でパニック状態に!
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ペットの体のチェック 犬の肥満・猫の肥満も発見出来ます
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
夜間動物病院や夜間救急動物病院は調べて有りますか?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ペットフードについて
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。