加齢臭の出る場所 加齢臭 ノネナールって

加齢臭の出る場所 加齢臭 ノネナールって

 

あまり良いイメージの無い、加齢臭という言葉。

 

よく聞く言葉ですね。

 

”オヤジの臭い””身なりを気にしなくなった、不潔なオヤジ”こんなイメージではないでしょうか。

 

この加齢臭は、30代から徐々に始まって行きます。

 

もちろん、女性にも発生します。

 

男性よりは、発生時期も若干遅いようですが、50代からは注意が必要です。

 

この加齢臭、普通の体臭とは異なる対策が必要になります。

 

 

 

 

 

 

加齢臭の出る場所

加齢臭は、皮脂腺から発生します。

 

皮脂腺は、体のあらゆる場所に有りますので”加齢臭が出る場所”と言われれば、体全体と言うことになります。

 

最も多いと言われている箇所は、
頭皮、耳の後ろ、小鼻、脇の下などですが、続いて
首回り、背中、おへそ、下腹部周辺となります。

 

加齢臭を発見するのは、枕の臭いが良いようです。

 

頭皮には、毛穴が多くノネナールが発生しやすい場所です。

 

まずは、枕の臭いを嗅いで見て下さいね。

 

 

 

 

加齢臭(ノネナール)は、衣服(下着)や枕カバーなどに付くと、落としにくい臭いになります。

 

いくら体を洗い加齢臭を落としたと思っても、衣類に加齢臭が付いていたら、周りの人には臭ってしまいます。

 

 

枕カバーも同様です。

 

シャンプーを念入りにしても、加齢臭の付いた枕で寝てしまえば、臭いが頭に付いてしまいます。

 

この辺は、見過ごしがちです。

 

 

ちょっと意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

加齢臭は、年齢と共に出やすくなります。

 

加齢臭の元となるノネナール対策をして、出来るだけ加齢臭を防いで行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

参考に見て下さい。
体臭は食べ物だけ気をつければ大丈夫?

 

 

加齢臭 ノネナール

加齢臭の原因が”ノネナール”という物質になります。

 

ノネナールは、皮脂腺より発生しますが、ヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)の分解、酸化が大元となります。

 

 

と言うことは、ヘキサデセン酸を減らせば、加齢臭の元となるノネナールが減る事になります。

 

 

脂肪酸の1種であるヘキサデセン酸を根本から減らすには、生活習慣の改善。

 

 

 

食生活の中の脂肪分のとりすぎや喫煙、睡眠不足などが脂肪酸の増加の原因となりますので、この辺りを改善する事が大切です。

 

 

 

改善するには、時間がかかります。

 

焦らずに、行うことが重要になってきます。

 

 

とは、言うものの、現在出ている加齢臭が気になるところ。

 

加齢臭を軽減するには、ノネナールを洗い流すことになります。

 

ノネナールは、通常の石鹸ではなかなか落としにくい臭いで、専用の石鹸を使うことが効果的です。

 

ミョウバンや柿渋などが効果を発揮するようです。

 

わきが(ワキガ・腋臭)加齢臭 体臭対策。満足度約90%の『パーフェクトデオドラントセット(ノーマル)』 薬用ミョウバン石鹸・スプレーのW使用(制汗)

 

 

 

 

 

 

体の臭い トップへ

 

トップへ

加齢臭の出る場所 加齢臭 ノネナールって関連ページ

ブーツの臭い対策 ブーツの手入れ方法は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
足の臭い女性はめずらしいの? たくさんいます!
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
コーヒーと口臭の関係
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
自分の体臭どこから出ているのか! 原因・予防方法は?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
体臭と食べ物の関係 深いぞ〜 体臭はどうして出る
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。