番茶とは 番茶の効能 安くて体にいいよ〜!

番茶とは 番茶の効能 安くて体にいいよ〜!

 

 

 

鬼も十八 番茶も出花
(おにもじゅうはちばんちゃもでばな)

 

とよく言いますね。

 

鬼の娘も、18歳(年頃)になれば、魅力が出て娘らしくなる。
質があまり良くない番茶でも、入れたて(出花)は、香りがよいという意味。

 

 

番茶は価格も手頃で、気軽に飲めるお茶ですね。

 

 

 

番茶とは?

 

番茶の効能を見てみましょう。

 

 

 

 

 

伊藤久右衛門の商品です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番茶とは

番茶の呼び方は、地域によって多少の違いが有るようです。

 

ほうじ茶の事を番茶と呼んでいる所や、日常的によく飲まれるお茶を総称して番茶と呼んでいたりと、様々あるようです。

 

 

 

 

 

・大きり、硬くなった茶葉を使用ているお茶。

 

・煎茶を仕分ける際に、弾かれたお茶。

 

・旬の時期に遅れて摘み取ったお茶。

 

調べた結果、この辺りのお茶を番茶と呼んでいるようです。

 

 

お茶は新しい物(新茶)ほど品質がよく、香り豊かで美味しいとされております。
番茶はその時期を、外したもの”晩茶”から”番茶”と呼ばれたという説もあります。

 

 

番茶の色を見てみると、茶褐色ですね。
これはお茶を製造する際の、蒸し時間にあるよです。
(煎茶に比べると蒸す時間が長い)

 

この番茶を炒った物がほうじ茶です。
このことからほうじ茶の事を、番茶と呼ぶ地域があるのですね。

 

 

 

番茶にも種類があります。

 

・刈り番茶・台切り番茶
茶葉を浅く摘み取り、その後伸びた芽を深く刈った時の茶葉。
1番茶を摘み取った後、枝を切りおとす際に摘み取られた茶葉。

 

 

 

・秋冬番茶”しゅうとうばんちゃ”と読みます。
秋から冬のはじめに、お茶の木の手入れをしますが、その時に摘まれた茶葉。

 

・上級番茶
刈り番茶、台切り番茶、煎茶を仕分ける際に弾かれた物を使ったお茶。
原料である茶葉は、製造する会社によって異なるようです。

 

 

番茶とは、一言ではなかなか難しいようです。

 

収穫時期、茶葉の選別方法、地域での捉え方、言葉の捉え方など様々のようです。

 

番茶?
何となく、わかって頂けたでしょうか。

 

 

 

 

番茶の効能

カテキン

発ガン抑制
抗酸化作用
血中コレステロール低下
血圧上昇の抑制
血糖上昇の抑制
抗菌作用
抗ウイルス作用
虫歯予防
口臭予防

 

 

カフェイン

覚醒作用
利尿作用

 

 

ビタミンC

抗酸化作用
風邪の予防

 

 

特に最近注目されているのが、カテキンが持つ体脂肪を減らす効果です。
特保の商品で使われるようになり、メタボな人やダイエットをしたい人に注目されているようです。

 

番茶は上級茶に比べると、各成分とも劣ります
特に、アミノ酸(旨味成分)があまりありませんので、苦みが強く感じます。

 

しかしこの苦味(カテキン)が体には良いのです。

 

 

 

わたしは
お茶の最大のパワーをテキンと思っています。
上級茶に劣るとは言え、苦味が感じられる番茶は、カテキンが豊富に入っているという事。

 

お茶を手軽に飲みたい方。
渋めお茶が好み。
カテキンのパワーが欲しい方。

 

は、

 

番茶やほうじ茶を、毎日口にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煎茶 トップへ

 

トップへ

 

 

 

番茶とは 番茶の効能 安くて体にいいよ〜!関連ページ

煎茶とは 煎茶と緑茶の違い
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
煎茶の効能 煎茶のカフェインは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
煎茶の入れ方 ポイントは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ほうじ茶の効能とほうじ茶の作り方
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
玄米茶にカフェインは? 玄米茶の効能は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。