ほしのゆめ 特徴

ほしのゆめ 特徴

 

 

 

 

ほしのゆめは、1996年生まれ。
父は”あきたこまち” ”母にきらら397”をかけ合わせて出来た品種です。

 

以前は、三大北海道ブランド米としてきらら397/ななつぼし/ほしのゆめ が数えられていましたが”ゆめぴりか”などの誕生によりその地位にも変動が出てきています。

 

一昔前にもなるが、3都市(札幌/東京/大阪)で行われた市民モニター調査で、1位を獲得した実績を持つほしのゆめは、味・食感・見た目など、非常に優れているお米と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

食材にこだわる方にオススメ!!!
オーガニックスーパーです。
オーガニックサイバーストア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほしのゆめの特徴

きらら397を母に持つほしのゆめは、きらら397と比べても評価が良いようです。

 

美味しいお米の条件に、ねばりがあげられますが、きらら397に比べても粘りもあり、冷めても美味しく食べられます
お弁当、おにぎりにも最適と言えます。

 

しかし、きらら397に比べると人気はないようです。

 

きらら397の後継品種だけに、人気面でいつ母を追い越すのか?

 

誕生から20年近く経ちますが、ほしのゆめは期待できる品種と思っております。

 

 

 

※ほしのゆめは、平成19年より徐々に”北海道の水稲主要品種の作付”が減ってきております。

 

 

 

 

参考に

 

平成24年度の北海道の水稲主要品種の作付
1位 ななつぼし
2位 きらら397
3位 ゆめぴりか
4位 ふっくりんこ
5位 ほしのゆめ
6位 おぼろづき

 

※ほしのゆめは、平成元年/2年と1位でした。
平成3年よりほとんどが2位でしたが、平成19年より低下傾向です。

 

 

24年度の作付面積は
1位 新潟県
2位 北海道
3位 秋田県
4位 茨城県
5位 宮城県

 

になっております。

 

 

 

24年度の収穫量は
1位 新潟県
2位 北海道
3位 秋田県
4位 茨城県
5位 山形県

 

になっております。

 

 

平成23年 全国の水稲主要品種の作付
1位 コシヒカリ
2位 ヒノヒカリ
3位 ひとめぼれ
4位 あきたこまち
5位 キヌヒカリ
6位 ななつぼし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいお米 トップへ

 

トップへ

ほしのゆめ 特徴関連ページ

美味しいお米の研ぎ方 炊き方
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
お米の保存方法
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
お米の単位 分づき米って知ってますか
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
お米の栄養
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
北海道米の品種と北海道米の米の収穫量
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
おぼろづき 米
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ゆめぴりかの特徴 美味しいゆめぴりかの炊き方
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ふっくりんこの特徴 ふっくりんこの評価は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ななつぼし米 ななつぼしの味 特徴は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
きらら397の特徴
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
朱鷺と暮らす郷 佐渡のコシヒカリ特別栽培米
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
熊本 森のくまさん
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。