介護保険 仕組み

介護保険 仕組み

介護保険の仕組みは複雑なようですが、1つ1つ見ていくことにより理解できると思います。

 

では、介護保険 仕組みを見て行きましょう。

 

 

 

介護保険の運営は市町村・特別区になっております。

 

国や都道府県は、財政や事務などを支援する形になっております。

 

 

 

例えば、東京都・・区・・町1丁目1番1号に住んでいたら

 

・・区に介護保険料を支払ったり、介護認定を受ける場合は、・・区に申請する事になります。

 

また、東京都・・区など人口が多い場合は・・町の支援センターが実務を行います。
(後程詳しく説明します)

 

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

介護保険の被保険者とは

介護保険は、40歳以上の国民が徴収されることになっております。

 

40歳以上の方は、介護保険の被保険者となり、
年齢により第1号被保険者と第2号被保険者に分かれます。

 

これは、加入手続きは必要なく、年齢により自動的に加入することとなります。

 

 

 

 

第1号被保険者

65歳以上の方、全員に被保険者証が交付されます。

 

 

介護保険を利用出来る人は、
・寝たきり・認知症などで入浴、排泄、食事などの日常生活に介護が必要な方。

 

・家事や身じたくなどの日常生活に支援が必要な方など。

 

 

 

 

保険料

所得段階に応じて市町村ごとに設定されます。

 

 

介護保険料の支払いは、
・年金額が一定額以上の人は、年金から天引き

 

・それ以外の人は市町村に個別に支払い

 

 

 

 

第2号被保険者

40歳から64歳の方で、医療保険に加入しており、要介護認定の認定を受けた際に発行されます。
老化に伴う特定疾病が原因で日常生活に介護や支援が必要な方。

 

 

第2号被保険者の方が介護保険を利用するには下記の特定疾病に限定されます。

 

他の病気場合は、医療保険を使います。

 

 

 

特定疾病とは

1 がん【がん末期】(医師が医学的に基づき回復の見込みがない状態に至った時)

 

2 関節リウマチ

 

3 筋萎縮性側索硬化症[ALS]

 

4 後縦靭帯骨化症

 

5 骨折を伴う骨粗鬆症

 

6 初老期における認知症

 

7 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病【パーキンソン病関連疾患】

 

8 脊髄小脳変性症

 

9 脊柱管狭窄症

 

10 早老症

 

11 多系統萎縮症

 

12 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症

 

13 脳血管疾患

 

14 閉塞性動脈硬化症

 

15 慢性閉塞性肺疾患

 

16 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

以上が特定疾病となります。

 

 

 

 

 

保険料

加入している医療保険の算定方法に基づいて設定されます。

 

介護保険料の支払いは、医療保険料と一括して支払う事になります。

 

 

 

 

 

 

介護保険の負担割合

介護保険の負担割合を見て行きましょう。

 

 

大まかに分けると

 

国が25%  都道府県が12.5% 市町村が12.5% 保険料で50%

 

という構成になります。

 

 

介護保険料は、住んでいる地域により保険料が変わってきます。

 

老人や介護施設が多い市町村では、介護保険が高くなってしまうという現象が起き、市町村の財政を圧迫することとなってしまいます。

 

これを防ぐために、国は調整交付金という制度を取っており、市町村の格差を縮めております。

 

 

 

先ほど、国が25%の割合と書きましたが、調整交付金制度により、これを20%〜25%とするもの。

 

市町村の財政を考慮して、国はこの5%を上下させ調整ております。

 

 

 

介護保険のサービスを利用した場合、利用者はかかった費用の1割を負担となります。

 

 

例えば、デイサービスに行って、1万円かかったとします。

 

そうしますと介護保険から9000円、自己負担は1000円と言うことになります。

 

このような場合でも、食費など別途請求される項目があります。

 

 

 

 

 

 

 

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

 

 

 

 

介護保険 トップへ

 

トップへ

 

 

 

介護保険 仕組み関連ページ

介護保険の介護認定 基準は? 介護認定を受けるには
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
介護サービスの種類
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。