鏡餅とは 鏡開きはいつやるの?

鏡餅とは 鏡開きはいつやるの?

 

 

 

お正月の飾り物といえば、鏡餅ですね。

 

以前比べると、鏡餅を飾る家もだんだん少なくなってきた様な感じもします。

 

日本の良き風習なので、今後も伝えていってもらいたいですね。

 

 

 

鏡餅とは

門松と共に、お正月飾りの代表である鏡餅。

 

この鏡餅は、年神様(としがみさま)への供え物で、お正月の間、年神様が宿るとされております。

 

鏡餅は、円形で平べったい形をしていて、大小2個のお餅を重ね合わせた物ですが、

 

この形は、家庭円満であるように、”1年をめでたく重ねる”と言う意味が込められています。

 

 

 

左の画像は、銅鏡というもので(画像は、裏側で顔などを写す方は逆側です)、この形と餅の形が似ていることから鏡餅と言われたようです。

 

他に、”かんがみる”(良い手本、規範に照らして考えるという意味)から”かんがみもち” ”かがみもち”と変化。

 

昔から鏡には、神が宿るとされておりましたので、鏡の文字が使われたのでしょうね。

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

簡単な鏡餅の供え方

おぼんの上に半紙を敷き、裏地を添えて鏡餅を置きます。

 

その上にみかんをのせで完成です。

 

 

 

 

橙(だいだい)・・・代々家が続くという語呂合わせから来ている縁起物です。
(みかん)

 

 

 

裏白(うらじろ)・・・裏白は表は緑色ですが、裏面は白くなっています。
           その事から、心に裏表が無く、清廉潔白を願います。
           裏白はシダですので、葉が”シダ”いに伸びていくので久しく栄える
           という縁起物です。

 

 

 

 

 

鏡餅の飾る時期は

一夜飾り(12月31日)は、良くないとされいる地域が多いようです。

 

1番良いとされているのが、末広がりの8が付いている、12月28日

 

苦しむを表す9が付く、12月29日は、避ける地域が多く、この日は避けたほうが良さそうです。

 

 

 

 

鏡開きはいつ

鏡餅を下げる日、鏡開きはいつ行うか。

 

地方の風習によって違いが有りますが、一般的には縁起の良い”1”が揃った1月11日に、最も多く行われております。

 

松の内(1月7日まで)は年神様が宿ってますので、それまでは、鏡開きはしません。

 

松の内が1月15日の地域では1月20日に鏡開きを行う所も多いようです。

 

 

 

鏡開きをする時、よく木槌などで叩きますが、これにも意味があります。

 

硬くて切りにくいと言うのもあるかもしれませんが、丸い物に刃を入れるのは”切腹”を連想させ、これを避けるためです。

 

 

 

 

 

 

冬の行事 トップへ

 

トップへ

 

鏡餅とは 鏡開きはいつやるの?関連ページ

七五三 お参り 時期 内祝いは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
お歳暮 時期は お歳暮の時期 は関東と関西は違うの
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
クリスマスリース 意味、作り方 クリスマスリースの飾る期間は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
クリスマス オーナメントの意味は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
門松の由来は 門松の時期と処分方法は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
節分の由来と豆まき
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
七草粥とは 春の七草とは何?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
札幌雪まつり服装はこれだ! 札幌雪まつりの日程
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
高崎 達磨寺で行われている高崎だるま市 駐車場は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
第65回十日町雪祭り 2014年 イベント ゲストは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。