節分の由来と豆まき

節分の由来  豆まき

2月3日は節分の日

 

節分には、

 

豆まきをしたり恵方巻きを食べたりしますね。

 

そこで今回は、

 

節分の日にする事!

 

それをどういう意味でするのか?

 

をご紹介します。

 

 

 

 

節分

”節分”は”季節を分ける”と言う意味で立春・立夏・立秋・立冬と本来は年に4回ありますが、

 

最も意識されていたのが”立春”

 

年のはじまりということもあり、、”立春”の節分のみを節分と言われるようになりました。

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

豆まき

節分の時に”鬼は外、福は内”と言って豆をまきますね。

 

豆は”魔滅(まめ)” ”魔目(まめ)”などと表現しました。

 

”魔滅(まめ)”は魔を滅するで無病息災を祈る意味があります。

 

”魔目(まめ)”は豆を鬼の目に投げたところ鬼を退治することが出来たという話からきております。

 

 

 

 

以前は、豆をまくのは、一家の主人又は年男が行っておりましたが、

 

今ではお子さんを中心に、”鬼は外、福は内”

 

鬼役は一家の主人?

 

時代と共に、変化しつつあるようです。

 

 

 

豆まきの手順
窓を開ける・・・鬼を追い出し、福を招き入れます。

 

終ったら窓を閉める・・・豆を年の数だけ食べる

 

が豆まきの手順になります。

 

 

 

使う豆は必ず炒った豆を使いましょう。

 

なぜ、炒った豆を使うのか?

生の豆を使うと、拾い残した豆から芽が出てしまい、縁起が悪とされている事。

 

”炒る”を”射る”で鬼を封じ込め鬼退治

鬼や大豆は陰陽五行説(木、火、土、金、水の五行)の”金”にあたります。
この”金の作用を滅する”といわれるのが”火”
”火”で大豆を炒ることで鬼を封じ込め、人間が豆を食べ鬼退治。

 

 

この様な理由から、炒った豆を使うようになったようです。

 

次回、豆まきをする時は、こんな事も頭に入れておくと良いかもしれませんね。

 

 

 

 

いわしの頭に柊(ひいらぎ)を刺す。

魔除けの意味。

 

いわしの頭に柊(ひいらぎ)を刺して門口にはさむ風習があります。

 

柊(ひいらぎ)にはトゲがあり、このトゲを”鬼の目突き”といいます。

 

このトゲと鰯の臭いで鬼は逃げ出すとされております。

 

 

 

 

 

 

 

冬の行事 トップへ

 

トップへ

 

節分の由来と豆まき関連ページ

七五三 お参り 時期 内祝いは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
お歳暮 時期は お歳暮の時期 は関東と関西は違うの
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
クリスマスリース 意味、作り方 クリスマスリースの飾る期間は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
クリスマス オーナメントの意味は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
門松の由来は 門松の時期と処分方法は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
鏡餅とは 鏡開きはいつやるの?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
七草粥とは 春の七草とは何?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
札幌雪まつり服装はこれだ! 札幌雪まつりの日程
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
高崎 達磨寺で行われている高崎だるま市 駐車場は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
第65回十日町雪祭り 2014年 イベント ゲストは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。