クリスマスリース 意味、作り方 クリスマスリースの飾る期間は

クリスマスリース 意味、作り方 クリスマスリースの飾る期間は

日本でも毎年の恒例行事になったクリスマス。

 

お正月の様な和風文化もいいものですけど、クリスマスも、一味違っていいものですね。

 

 

クリスマスに飾るリース、お正月に飾るしめ縄、様式は違いますけど、ほぼ同じ願いから飾られて来たようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスリースの意味

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝うキリスト教の記念日。

 

クリスマスの時に飾るのがクリスマスリースですね。

 

クリスマスリースは”Christmas wreath”と書きます。

 

wreathの意味は、花や葉などを円形で作り、玄関などに飾る装飾品のこと。

 

 

 

クリスマスリースは”魔除け”や”豊作を願う”ということから飾られていと言う説があります。

 

この様な意味からも、クリスマスリースに使われている材料が選ばれております。

 

 

・殺菌作用と抗菌作用が魔除けや豊作になるという事でモミノキやマツ、月桂樹などの常緑樹の葉が使われております。

 

・キリストの”受難”を現しているトゲのあるヒイラギの葉

 

・魔除けを意味するリボンやベル

 

キリストの流した赤い血を意味するヒイラギの赤い実

 

収穫を意味する松ぼっくり、リンゴの実、麦の穂

 

キリストを象徴するブドウ

 

神へのお供え物・としてリンゴ(長期保存ができ, 栄養豊富な作物なため)

 

 

 

 

 

クリスマスリースには、4本のローソクが飾られている場合があります。

 

4週間前から飾り、毎週日曜日に1本のローソクに火を付け、しばらくしたら消します。

 

次の週の日曜日には、前週に付けたローソクと新たなローソクに火を灯します。
これをクリスマスイブまで続けていきます。

 

このような方式でクリスマスを祝う習慣もあります。

 

 

また、クリスマスリースの飾る期間は、クリスマスの4週間前から2月2日(聖母お清めの祝日)までが一般的だそうです。

 

 

 

 

 

クリスマスリースを飾る意味をなんとなく理解して頂けたでしょか。

 

クリスマスは、年に1度のビッグイベント。

 

今年は、クリスマスリースを手作りして、クリスマスイブを迎えるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

手作りクリスマスリースが面倒な方は下記を参考にして下さい。

 

アマゾン
クリスマスリース

 

 

クリスマスリースの作り方を載せておきます。
興味がある方は、御覧ください。

 

ユーチューブ クリスマスリースの作り方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の行事 トップへ

 

トップへ

クリスマスリース 意味、作り方 クリスマスリースの飾る期間は関連ページ

七五三 お参り 時期 内祝いは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
お歳暮 時期は お歳暮の時期 は関東と関西は違うの
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
クリスマス オーナメントの意味は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
門松の由来は 門松の時期と処分方法は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
節分の由来と豆まき
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
鏡餅とは 鏡開きはいつやるの?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
七草粥とは 春の七草とは何?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
札幌雪まつり服装はこれだ! 札幌雪まつりの日程
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
高崎 達磨寺で行われている高崎だるま市 駐車場は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
第65回十日町雪祭り 2014年 イベント ゲストは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。