七五三 お参り 時期 内祝いは

七五三 お参り 時期 内祝いは

七五三

七五三のお祝いは、

 

 

男の子は3歳と5歳

 

 

女の子は3歳と7歳

 

 

11月15日に成長を祈り神社などで厄払いをすること七五三と言います。

 

以前は、数え年で行なってましたが、今は満年齢でお祝いするのが一般的です。

 

七五三の時期は

正式には旧暦の11月15日に行なっておりましたが、今では11月15日の前後の土日・祝日に行うことが多いようです。

 

しかし、この時期は神社、写真館などが混みあい、この混む時を外して行われていることも大変増えて来ました。

 

目安として10月から11月に行われている場合が多いようです。
少し時期を外した10月から11月でも、土曜日、日曜日、祝日は例年混み合います。

 

出来れば10月の平日や11月の終わり頃の平日がすいているようです。

 

 

 

 

神社での参拝・祝祷

神社で参拝し祈祷を上げ収めるお金を初穂料(御初穂料・御玉串料)と言います。

 

以前、この金額は決められておらず、いくら支払うか非常に迷いましたが、今では金額の決められた神社も非常にふえてきております。
初穂料は金額別に分かれている所も多く、3千円から3万円
相場は5千円から1万円が多いようです。

 

※金額は参考にして下さい。
 地域により多少の開きはあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

年に1度は健康診断を!!
早期発見が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

七五三の内祝い

七五三の内祝いの金額は迷うものです。

 

参考
兄弟・親戚は3千円から1万円程度
祖父母は1万円から3万円程度

 

※金額は参考にして下さい。
 付き合い・地域により多少の開きはあるようです。

 

 

七五三の内祝いのお返し

・千歳飴や赤飯など
・宴席などを開いて、おもてなしをすることで内祝いのお返しとします。
・お礼状と七五三の写真を付けて贈る。
・金額で言うと三割から五割

などがあります。

 

 

 

 

 

 

※宴席などを開いて、おもてなしをすることで内祝いのお返しとします。
とありますが、本来はこれで十分な内祝いのお返しとなりますが、
どうしても、手みあげをと考えている方は、あまり金額のはらない品を
差し上げてもいいでしょう。(相手に気を使わせない程度。例えば、紅白のお饅頭など)

 

 

地方などでの習慣がある場合があります。
その場合は習慣に従うほうが無難です。

 

 

 

オリジナリティ満載のプチギフトをお探しなら【プチギフト菓子館】

 

 

 

 

 

冬の行事 トップへ

 

トップへ

 

 

 

七五三 お参り 時期 内祝いは関連ページ

お歳暮 時期は お歳暮の時期 は関東と関西は違うの
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
クリスマスリース 意味、作り方 クリスマスリースの飾る期間は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
クリスマス オーナメントの意味は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
門松の由来は 門松の時期と処分方法は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
節分の由来と豆まき
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
鏡餅とは 鏡開きはいつやるの?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
七草粥とは 春の七草とは何?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
札幌雪まつり服装はこれだ! 札幌雪まつりの日程
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
高崎 達磨寺で行われている高崎だるま市 駐車場は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
第65回十日町雪祭り 2014年 イベント ゲストは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。