ジャックオランタンとハロウィン仮装

ジャックオランタンとハロウィン仮装

 

 

ハロウィン衣装大特価中!!

 

 

 

 

 

ジャックオランタンとは、ジャックランタンまたはジャッコランタンと呼ばれています。

 

 

ハロウィンでよく見かける、カボチャをくり抜いて作られており、くり抜いたカボチャ中にロウソクを入れ、使用します。

 

日本で言う提灯(ちょうちん)みたいなものです。

 

 

 

アイルランドやスコットランドで伝えられている鬼火のような存在で(日本で言う火の玉。人間や動物の死体から生じた霊と思ってもらえれば解りやすいと思います。)、

 

”火の玉”や”カボチャ頭の男が光る衣装”で現れる事もあるようです。

 

これらを表現しているのがジャックオランタンです。

 

ジャックオランタンは、悪い霊を追い払うためにハロウィンの時に戸の上に飾るようです。

 

 

 

ジャックオランタンが登場するのがハロウィン。

 

 

 

 

では、ハロウィンとは
毎年10月31日の晩に行われる、キリスト教の伝統的行事で、諸聖人の祝日の前夜(万聖節 11月1日)の前夜に行われるお祭りの事。

 

諸聖人の祝日の前夜をAll Hallows Even を短縮してHalloween。

 

 

 

 

ハロウィンの由来である古代ケルト人の収穫祭
これが10月31日と定められており(1年の終わり)、
作物を荒らす悪霊を追い払うお祭りです。

 

 

また、ハロウィンでよく見られる光景で
子供たちがお化けの格好をして”トリック・オア・トリート”(何かくれないといたずらするぞ)と言いながら家を回るとというもの。

 

※トリック・オア・トリートの直訳
いたずらされるか、おもてなしするか、どっちがいい?

 

 

もともと、これは農民たちが悪霊を追い払うために、変装して歩き回ったことが始まりとも言われております。

 

この時は、お祭りの食材をもらいながら歩きましたが、今は子供たちが家をまわってお菓子をもらっているようです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

日本で言うお盆の「迎え火」や「送り火」に近いものですが、

 

日本の場合は、故人の霊を迎えるために火を炊きますが、ハロウィンでは、悪霊を追い払う為に火を炊くので意味合いは大分違いますね。

 

頭の片隅にでも入れておきましょう。

 

 

 

 

日本でもハロウィンがだんだん浸透して来ました。

 

各地で仮装した人たちが街を歩いたりしており、
見るのも、参加するのも楽しそうですね。

 

 

 

ハロウィン仮装

ハロウィンの仮装も年々派手になってきているように思います。

 

初めの頃は”ネコ耳をつけただけ”の仮装?が多かったようですが、最近では化粧や衣装にも・・・。

 

 

日本です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この格好で、夜道を歩くのはやめましょう!

 

 

★ハロウィン仮装★

 

 

 

 

 

秋の行事 トップへ

 

トップへ

 

ジャックオランタンとハロウィン仮装関連ページ

防災の日 防災用品、非常食は大丈夫?
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
秋の七草 中秋の名月
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
敬老の日 おばあちゃん、おじいちゃん 贈り物
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。