実務者研修 取得方法 費用

実務者研修 取得方法 費用

実務者研修は、介護資格を一切無い方でも受講することができます

 

正式名称は、介護福祉士実務者研修と言います。

 

実務者研修は以前のホームヘルパー1級、介護職員基礎研修に当たるものです。

 

実務者研修の資格を取得するとサービス提供責任者になれる資格を取得できます。

 

 

 

 

 

※サービス提供責任者とは
訪問介護計画書の作成

 

ご家族、本人、担当ヘルパーとの連絡調整

 

ヘルパーの指導・育成

 

訪問介護サービスに伴う管理業務

 

 

 

 

 

実務者研修

実務者研修の受講時間は450時間となり、
取得の目安は約6ヶ月となります。

 

 

費用は、12万から20万円位
(スクールにより、かなりの価格差があります。)

 

介護福祉士の受験資格を得るのには、実務者研修を受講することが必須です。

 

それに3年の実務経験を経れば介護福祉士の受験資格獲得となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

介護資格は一生もの!!
就職にも有利ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実務者研修の受講時間の免除 費用

実務者研修450時間は、持っている資格によって受講時間は免除されます。

 

ヘルパー2級(初任者研修)取得者は実務者研修 320時間(130時間免除) 
費用10万円から14万円
(スクールにより、かなりの価格差があります。)

 

 

 

ヘルパー1級取得者は実務者研修 95時間(355時間免除
費用8万円から10万円
(スクールにより、かなりの価格差があります。)

 

 

 

 

介護職員基礎研修取得者は実務者研修 50時間(400時間免除
費用3万円から4万円
(スクールにより、かなりの価格差があります。)

 

 

 

 

 

介護福祉士の受験資格獲得するには

 

 

 

実務者研修を受講

 

 

 

3年の実務経験

 

 

 

介護福祉士の受験資格獲得

 

 

となります。

 

 

 

 

 

実務者研修カリキュラム

人間の尊厳と自立 5時間

 

社会の理解T 5時間

 

社会の理解U 30時間

 

介護の基本T 10時間

 

介護の基本U 20時間

 

コミュニケーション技術 20時間

 

生活支援技術T 20時間

 

生活支援技術U 30時間

 

介護過程T 20時間

 

介護過程U 25時間

 

介護過程V(スクーリング) 45時間

 

発達と老化の理解T 10時間

 

発達と老化の理解U 20時間

 

認知症の理解T 10時間

 

認知症の理解U 20時間

 

障害の理解T 10時間

 

障害の理解U 20時間

 

こころとからだのしくみT 20時間

 

こころとからだのしくみU 60時間

 

医療ケア 50時間

 

受講時間数 450時間

 

 

 

 

 

実務者研修は、初任者研修に比べると倍以上の受講時間になります。

 

 

初任者研修と違う所は、

 

初任者研修に比べると、全てにおいて、1歩深く勉強すると考えて下さい。

 

介護保険の仕組みなど、大枠は把握出来き、一般的な質問は、ほとんど答えられるようになります。

 

 

 

 

初任者研修を終え、実務経験を3年、介護福祉士に合格したとしても、

 

実務者研修の受講者の知識にはかなわないと感じております。
(単純比較です)

 

個人で勉強している方は別ですよ。

 

 

知識で言えば、実務者研修を終了後、介護福祉士の取得が最強?

 

ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

実務者研修を取得すると”サービス提供責任者”という職につくことが出来ます。

 

 

色々な条件はありますが、訪問介護の事業所を開くことも可能な資格です。

 

よって、内容も具体的に勉強していくことになります。

 

 

 

例えば

 

利用者さんに対し計画書を作成し、提出をしなければなりません。

 

これを介護保険の理念基づき作っていくわけです。

 

 

 

本人、家族の状況、環境などを考慮して

 

どのようなサービスを提供すると、自立した生活に近づけるか?

 

一人でも生活は可能か?

 

その時の問題点は?

 

などなど、個人個人の生活にあった計画書を作って行きます。

 

 

実務者研修では、事例が与えられ、計画書の作成の仕方も勉強して行くことになります。

 

 

 

もちろん、実務者研修を取得したからと言って、すぐに計画書を作成できる人は少ないと思います。

 

何年かサービス提供責任者として働き、経験を積んで行くことになります。

 

 

 

実務者研修終了者として働くと言うことは、管理者としての要素も含まれてきます。

 

シッカリ勉強して、良いサービス提供責任者となって下さい。

 

 

 

※サービス提供責任者として働くなら、訪問介護の事業所がいいですよ。
サービス提供責任者の仕事と限定すると、デイサービスや特養などでは仕事はありません。

 

 

 

 

 

 

 

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

 

 

 

 

 

介護資格 トップへ

 

トップへ

実務者研修 取得方法 費用関連ページ

初任者研修 取得方法 費用
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。