箱根駅伝 出場校 日程 2014年

箱根駅伝 出場校 日程 2014年

 

 

 

箱根駅伝は大学三大駅伝の1つ。

 

正式名称は東京箱根間往復大学駅伝競走と言います。

 

今大会で90回目を迎えます。

 

今大会は90回記念大会のため出場校は3校増え23チームとなります。
また、学連選抜が出場しないため通常の時より1校(学連選抜枠) 3校(特別大会枠)となりました。

 

通常枠・・・・・・19校
学連選抜枠・・・1校(今回出場がないので予選会での枠が1つ増えます)
記念大会枠・・・3校(記念大会のため予選会での枠が3つ増えます)
合計23校

 

開催日 2014年 1月/ 2日・3日 の2日間

 

 

 

 

第90回箱根駅伝 結果

 

 

 

往路優勝 総合優勝 総合タイム
1位  東洋大  東洋大  10時間52分51秒
2位  駒大  駒大  10時間57分25秒
3位  早大  日体大 11時間03分51秒
4位  日体大  早大 11時間04分17秒
5位  青学大  青学大  11時間08分53秒
6位  拓大  明大  11時間10分09秒
7位  明大  日大  11時間12分52秒
8位  大東大  帝京大  11時間13分03秒
9位  東海大  拓大  11時間13分06秒
10位 日大  大東大  11時間14分43秒
  ここまでシード権  
11位 法大  法大  11時間15分33秒
12位 帝京大  中央学大  11時間15分40秒
13位 中央学大  東海大  11時間17分52秒
14位 東農大  東農大  11時間18分02秒
15位 神奈川大  中大  11時間18分43秒
16位 上武大  順大  11時間19分03秒
17位 中大  国学院大 11時間20分44秒
18位 国学院大  神奈川大  11時間23分47秒
19位 順大  城西大 11時間25分42秒
20位 城西大  上武大  11時間25分56秒
21位 専大  専大  11時間28分39秒
22位 国士大  国士大  11時間38分35秒
     
棄権  山梨学大  なし なし

 

 

 

 

 

 

 

 

国内航空券の予約!!
最安値価格がすぐにわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

第90回箱根駅伝 往路結果

 

学校名 時間

タイム差(1位との差)

 

1位  東洋大  5時間27分13秒   
2位  駒大  5時間28分12秒  00:59
3位  早大  5時間32分22秒  05:09
4位  日体大  5時間33分45秒  06:32
5位  青学大  5時間35分04秒  07:51
6位  拓大  5時間35分52秒  08:39
7位  明大  5時間36分01秒  08:48
8位  大東大  5時間36分31秒  09:18
9位  東海大  5時間37分00秒  09:47
10位 日大  5時間37分12秒  09:59
11位 法大  5時間37分46秒  10:33
12位 帝京大  5時間39分23秒  12:10
13位 中央学大  5時間40分18秒  13:05
14位 東農大  5時間41分39秒  14:26
15位 神奈川大  5時間41分56秒  14:43
16位 上武大  5時間41分59秒  14:46
17位 中大  5時間42分27秒  15:14
18位 国学院大  5時間42分36秒  15:23
19位 順大  5時間43分30秒  16:17
20位 城西大  5時間44分27秒  17:14
21位 専大  5時間47分57秒  20:44
22位 国士大  5時間55分47秒  28:34
     
棄権  山梨学大  なし  

 

 

 

 

 

 

 

第90回箱根駅伝注目選手

注目選出ということで、今回は10000Mのタイムで見てみました。

 

各大学で10000Mのタイムが27分・28分台の選出をピックアップします。

 

日本体育大学  東洋大学  駒澤大学 
服部 翔大 28分22.79 大津 顕杜 28分39.54 窪田 忍 28分07.01
本田 匠 28分46.38 設楽 啓太 27分51.54 油布 郁人 28分02.46
矢野 圭吾 28分47.79 設楽 悠太 27分54.82 黒川 翔矢 28分54.35
山中 秀仁 28分26.03 今井 憲久 28分54.77 中村 匠吾 28分05.79
  久 龍 28分42.78 村山 謙太 28分14.27
  田口 雅也 28分37.37 中谷 圭佑 28分58.80
  上村 和生 28分44.81  
  服部 勇馬 28分22.43  

 

 

帝京大学  早稲田大学  順天堂大学 
蛯名 聡勝 28分42.90 大迫 傑 27分38.31 小澤 一真 28分54.92
小山 司 28分45.24 志方 文典 28分38.46 松村 優樹 28分44.29
田中 健人 28分45.03 山本 修平 28分14.49  
熊崎 健人 28分40.20 柳 利幸 28分59.12  

 

 

明治大学  青山学院大学  法政大学 
北 魁道 28分42.92 石田 駿介 28分48.62 田井 慎一郎 28分55.77
有村 優樹 28分41.97 竹内 一輝 28分42.71 関口 頌悟 28分49.23
文元 慧 28分47.54 藤川 拓也 28分35.72 西池 和人 28分39.04
前野 貴行 28分56.13 神野 大地 28分41.48  
大六野 秀畝 28分40.88    
横手 健 28分57.31    

 

 

中央学院大学  東京農業大学  山梨学院大学 
田中 瑞穂 28分48.24 津野 浩大 28分52.16 井上 大仁 28分39.08
岡本 雄大 28分42.29 三輪 晋大朗 28分38.12 田代 一馬 28分38.81
塩谷 桂大 28分59.55 竹内 竜真 28分51.16 エノック・オムワンバ 28分15.80
潰滝 大記 28分38.43 戸田 雅稀 28分54.74 佐藤 孝哉 28分46.02

 

 

東海大学  神奈川大学  國學院大學 
吉川 修司 28分55.26 柿原 聖哉 28分33.50 寺田 夏生 28分48.90
石橋 安孝 28分52.64 我那覇 和真 28分46.08  
廣田 雄希 28分44.34    

 

 

大東文化大学  専修大学  日本大学 
片川 準二 28分44.81 澤野 健史 28分34.39 田村 優宝 28分48.54
市田 孝 28分43.93   森谷 修平 28分52.09
市田 宏 28分53.98   荻野 眞乃介 28分50.97
    ダニエル・ムイバ・キトニー 28分02.79

 

 

拓殖大学  城西大学  上武大学 
ダンカン・モゼ 27分53.00 山口 浩勢 28分48.13 山岸 宏貴 28分40.50
佐護 啓輔 28.55.71 松村 元輝 28.49.29 倉田 翔平 28分35.00
  村山 紘太 28.45.66 佐藤 舜 28分57.32

 

 

中央大学  国士舘大学   
須河 宏紀 28分56.40 菊池 貴文 28分54.17  
新庄 翔太 28分44.00 浪岡 健吾 28分43.44  

※28分30秒以内のタイムを持つ選手を色付けしました。

 

28分30秒以内のタイムを持つ選手は、メディアでも注目も集めていますね。

 

出雲駅伝、全日本大学駅伝と、2連覇を果たした駒沢大学、このところ2位止まりの東洋大学。
両校の選手の持ちタイムを見ても、素晴らしいですね。

 

ただ箱根駅伝は、出雲駅伝、全日本大学駅伝とは距離が全然違います。
良いタイムの選手が沢山いる学校が、勝つとは限らないのが箱根駅伝です。

 

選手には万全な体調でのぞんでもらいたいものです。

 

 

 

注目は双子の兄弟です。

 

東洋大学の設楽兄弟は、実力とも有名ですね。
この兄弟は二人揃って10000M27分台のタイムを持っている、東洋大学の主力選手。

 

 

大東文化大学の市田兄弟はタイム言うと設楽兄弟に劣るものの、注目はインタビューの時の声。
可愛い声ですよ。
注目です。

 

 

あと、もう1組。
駒沢大学の村山謙太選手と城西大学の村山紘太選手です。
駒沢大学の村山選手は、昨年までとは違う人のようで、強さを感じております。
城西大学の村山選手は、箱根駅伝の予選会では、日本人1位のタイムを出しており、”打倒 駒沢大学村山”か?
この兄弟は注目です。
出来れば同じ区間を走って、二人で区間賞を争ってもらいたいですね。

 

 

参考にして下さい。

 

 

 

 

箱根駅伝の勝手な予想

出雲駅伝、全日本大学駅伝と終わり、各校の今年の力が見えてきたように思います。
そこで勝手な予想をしてみます。

 

優勝候補
出雲駅伝、全日本と連覇した駒沢大学は筆頭にあげられます。
このところ優勝の壁が厚くなっている東洋大学がどこまで頑張るかが注目。
続いて早稲田大学ですけど、今のところ駒沢、東洋よりやや見劣りします。

 

ダークホースで全日本3位の明治大学、出雲5位、全日本6位で安定した力を見せた青山学院大学

 

古豪復活ということで、大東文化大学の上位入賞を期待したいところですね。

 

 

シード権争い
前回の箱根で4位だった帝京大学は、今回は苦戦しそうな雰囲気。
順天堂、法政、中央学院、東京農大、東海、神奈川大学、日本大学、日本体育大学、中央をあげときます。

 

 

 

ふんわり予想
優勝 駒沢大学
2位  東洋大学
3位  明治大学

 

4位から7位
山梨学院大、早稲田大学、青山学院大学、大東文化大学

 

8位から10位
日本体育大学、日本大学、中央学院大学

 

シード権争いに絡む?
東京農大、順天堂、法政、中央、東海、神奈川大学

 

 

 

出雲駅伝、全日本と連覇した駒沢大学は、両レース共にスタートに成功しております。
箱根駅伝も、スタートが1つのカギを握るように思えます。
(レースは長いですけど)

 

 

 

駅伝は何が起るかわかりません。
1人のブレーキが、順位に大きく影響します。

 

もしかして、優勝候補の駒沢大学だって、シード権が取れないかもしれません。
(アクシデントが無ければ、考えにくいが)
距離が長いだけに、箱根駅伝ほど難しいレースは、なかなか見当たりませんね。

 

 

当日は体調を万全し、良いレースが見たいですね。

 

 

 

 

ふんわり予想でした。

 

 

 

 

 

出場校

  出場回数  
日本体育大学 65回目 出雲3位  全日本8位
東洋大学 71回目 出雲2位  全日本2位
駒澤大学 47回目 出雲1位  全日本1位
帝京大学 14回目 出雲12位  全日本13位
早稲田大学 82回目 出雲4位  全日本4位
順天堂大学 54回目 出雲9位  全日本10位
明治大学 55回目 出雲7位  全日本3位
青山学院大学 18回目 出雲5位  全日本6位
法政大学 74回目 出雲8位  全日本12位
中央学院大学 14回目 出雲6位  全日本11位
東京農業大学  69回目 予選会1位通過
山梨学院大学  28回目 予選会2位通過 全日本5位
東海大学  41回目 予選会3位通過
神奈川大学  45回目 予選会4位通過
國学院大学  8回目 予選会5位通過
大東文化大学  45回目 予選会6位通過  全日本7位
専修大学  68回目 予選会7位通過
日本大学  84回目 予選会8位通過  全日本9位
拓殖大学  35回目 予選会9位通過
城西大学  11回目 予選会10位通過
上武大学  6回目 予選会11位通過
中央大学  88回目 予選会12位通過 出雲10位
国士舘大学  44回目  予選会13位通過

 

2013年箱根駅伝 11位以降
11位山梨学院大学
12位大東文化大学
13位國学院大学
14位日本大学
15位神奈川大学
16位東京農業大学
17位上武大学
途中棄権 中央大学
途中棄権 城西大学

 

 

区間 コース 他

区間
10区間217.9km

 

往路
大手町〜鶴見 21.4km
鶴見〜戸塚 23.2km
戸塚〜平塚 21.5km
平塚〜小田原 18.5km
小田原〜箱根・芦ノ湖 23.4km

 

復路
芦ノ湖〜小田原 20.8km
小田原〜平塚 21.3km
平塚〜戸塚 21.5km
戸塚〜鶴見 23.2km
鶴見〜大手町 23.1km

 

コース
東京大手町読売新聞社前〜箱根芦ノ湖の往復

 

往路
大手町(スタート)  鶴見中継所  戸塚中継所  平塚中継所  小田原中継所  芦ノ湖(ゴール)

 

復路
芦ノ湖(スタート)  小田原中継所  平塚中継所  戸塚中継所  鶴見中継所  大手町(ゴール)

 

 

テレビ放映
日本テレビ系

 

往路 2014年 1月2日 AM7時〜

 

復路 2014年 1月3日 AM7時〜

 

 

 

お正月の恒例となった箱根駅伝。

 

毎年、沿道には沢山の応援の方が来ます。
こんな人、どこから出てくるの?
と思うぐらいです。

 

 

 

 

そんな多くの声援の中で走る事を目標に日々努力をしている選手たち。
各校がどうしても出場したいのが、この箱根駅伝ではないでしょうか。

 

当日は、万全の体調で出場するのを願うばかりです。

 

 

ただ走っているだけで、見てて何が面白いの?と言う人がいますが、
実は奥深く、色んな角度から見ていると面白さが倍増します。

 

では、ほんの一例。
長距離は1KMだいだい3分を目安に見ると解りやすいと思います。

 

平坦な道で3分20秒かかったら体調に異変が起きてるな〜とか
向かい風の時は先頭に立たないとか
登り坂、下り坂の時の選手の表情
汗の量
並走している時の仕掛けのポイント(この時の駆け引きは面白いです)
残りの距離、区間で勝つためのペース配分
などなど

 

こんな事を頭に入れて見ていると6時間なんかはすぐ過ぎてしまいます。

 

駅伝の場合複数人数で襷(たすき)を繋ぐため、一人が大ブレーキを起すとほぼその試合には勝てなくなります
体調の変化ははあまり予測出来ませんが、戦略は予測して立てられます。

 

各校の戦略を見るのも面白いかもしれません。
(建前はすべての学校が優勝狙でしょうが、本音はシード権獲得という学校もあります。)

 

今年はどんないい選手が出てくるか。
将来のオリンピック選手は?

 

※箱根駅伝の見どころ
給水の際、監督車から監督さんが走りながら選手に水を与えるシーンがありますが、
この時ばかりは、”監督さん頑張れ”とエールを贈っております。
重そうな体で必死選手のスピード合わせようとする姿、必見です。

 

もう1つ。
監督車からマイクで言う監督さんの言葉。
聴き逃しなく!

 

 

 

箱根駅伝公式サイト
おすすめは日テレのサイト

 

 

 

 

参  考

参加資格

2013年の1月に行われた箱根駅伝の上位10校がシード校として出場権を獲得。

 

日本体育大学、東洋大学、駒澤大学、帝京大学、早稲田大学、順天堂大学、明治大学、青山学院大学、法政大学、中央学院大学
の10校がシード校として出場。

 

予選会での成績上位13校が選ばれます。

 

 

 

箱根駅伝 過去10年間の優勝校

 

  総合優勝 往路優勝 復路優勝
2013年

日本体育大学
11時間13分26秒

日本体育大学
5時間40分15秒

駒澤大学
5時間32分11秒

2012年

東洋大学
10時間51分36秒

東洋大学
5時間24分45秒

東洋大学
5時間26分51秒

2011年

早稲田大学
10時間59分51秒

東洋大学
5時間29分50秒

早稲田大学
5時間29分34秒

2010年

東洋大学
11時間10分13秒

東洋大学
5時間32分02秒

駒澤大学
5時間34分41秒

2009年

東洋大学
11時間09分14秒

東洋大学
5時間33分24秒

東洋大学
5時間35分50秒

2008年

駒澤大学
11時間05分00秒

早稲田大学
5時間33分08秒

駒澤大学
5時間30分38秒

2007年

順天堂大学
11時間05分29秒

順天堂大学
5時間33分13秒

順天堂大学
5時間32分16秒

2006年

亜細亜大学
11時間09分26秒

順天堂大学
5時間33分26秒

法政大学
5時間32分55秒

2005年

駒澤大学
11時間03分48秒

東海大学
5時間32分11秒

駒澤大学
5時間31分07秒

2004年

駒澤大学
11時間07分51秒

駒澤大学
5時間34分34秒

駒澤大学
5時間33分17秒

 

 

箱根駅伝 予選会

 

 

 

 

日程
2013年10月19日

 

日本テレビ系 9:30分より放送
(ライブでの放送は初めてですね)

 

 

場所
陸上自衛隊立川駐屯地〜立川市街地〜国営昭和記念公園

 

 

箱根駅伝出場権
記念大会3校 学連選抜枠1校 通常枠9校の
合計13校
が箱根駅伝の出場権を獲得できます。

 

コースは20KM。
予選会は、各校が一斉にスタートし上位10名の合計タイム。
(昨年まで加味されていた、関東インカレの成績に基づくポイントは廃止)
今回は上位13チームが箱根駅伝の出場権を獲得できます。

 

主な出場校
山梨学院大学、大東文化大学、國学院大学、日本大学、神奈川大学、東京農業大学、上武大学、中央大学、城西大学
など
大接戦が予想されます。
10月19日に注目です。

 

2013年箱根駅伝 11位以降
11位山梨学院大学
12位大東文化大学
13位國学院大学
14位日本大学
15位神奈川大学
16位東京農業大学
17位上武大学
途中棄権 中央大学
途中棄権 城西大学

 

 

 

 

おめでとうございます!

 

 

箱根駅伝の出場権を獲得した大学

 

 

1位 東京農業大学 10時間04分35秒

 

2位 山梨学院大学 10時間05分33秒

 

3位 東海大学    10時間06分36秒

 

4位 神奈川大学   10時間07分32秒

 

5位 國学院大学   10時間08分30秒

 

6位 大東文化大学 10時間09分51秒

 

7位 専修大学    10時間09分56秒

 

8位 日本大学    10時間11分39秒

 

9位 拓殖大学    10時間11分53秒

 

10位 城西大学   10時間12分29秒

 

11位 上武大学   10時間14分05秒

 

12位 中央大学   10時間14分12秒

 

13位 国士舘大学  10時間16分54秒

 

ここまで

 

 

 

14位 亜細亜大学   10時間21分29秒
15位 流通経済大学  10時間22分40秒

 

 

 

個人成績

 

1位 エノック・オムワンバ       山梨学院大学  57分57秒
2位 ダニエル・ムイバ・キトニー   日本大学      58分00秒
3位 ルウル・ゲブレシラシェ     東京国際大学   58分30秒
4位 村山 紘太           城西大学      59分17秒
5位 井上 大仁           山梨学院大学   59分25秒

 

 

 

 

 

スポーツ トップへ

 

トップへ

箱根駅伝 出場校 日程 2014年関連ページ

夏の甲子園(第95回全国高校野球選手権大会)代表校
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
第95回 甲子園 組み合わせ
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
出雲駅伝 出場校 日程 2013年
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
全日本大学駅伝 出場校 日程 2013年
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
ドラフト会議の日程 2013 ドラフト会議予想は
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
第86回選抜高校野球 出場校 2014年 高校野球秋季地区大会
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
2014年 高校野球 夏の甲子園と予選 予想と組み合わせは
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
第6回グラチャンバレー 2013 日程  放送時間
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
トヨタクラブワールドカップ 2013
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
春季高校野球 2014年 各地区大会結果
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
2014年 W杯 日本代表メンバー23人が決定! 大久保選出!
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。
2014年 W杯 日程とテレビ放映時間
今知りたいこと、知っていると得することなどをお知らせするブログです。